2015年度土木学会賞の環境賞に九電耳川水力整備事務所の「耳川水系総合土砂管理」が選ばれました。
3R事業の一環として、不要となった食品系残渣の飼料化を展開しております。
「リニア工事等をターゲット。画期的な製法でヒ素吸着材の能力を2倍に」 3/31 プレスリリースされました。



湾岸・河川・運河・ダム湖・といった社会資源を
最大限有効活用するため
流量や貯水量の確保のための浚渫工事は必須です。

アステックはドロンパで浚渫工事の濁水対策を支えます
ダム湖渫工事濁水処理施工事例
濁度:100程度 pH:約7 EC:5mS/m
ドロンパ50〜150mg/L添加2時間後
濁度:10以下 pH:約7 EC:5mS/m
  • ドロンパは原水のpH/ECを変えません
  • 国交省管轄ダムにて国交省職員立会いの元、ダム湖へドロンパを直接添加
  • 生成したフロック(汚泥)をダム湖の底質として安定化することで産廃ゼロを実現